ホーム > プロフィール

IMG_6641.JPG

佐藤 一男

防災士

夢は今後の自然災害で誰も亡くならない日本を作ること。
防災の家庭教育を受けて育ち、震災で家族を守り、
避難所や仮設住宅で家族を守った経験を伝えます。

始めてください、減災を。
繰り返さないでください、自分たちと同じ後悔を。
ごあいさつ >>


1965年(昭和40年)
岩手県陸前高田市に生まれる。
1984年(昭和59年)
岩手県立高田高等学校 卒業(3月)
山形大学 工学部 入学(4月)
1989年(平成元年)
ミクロンメタル株式会社(山形県米沢市) 入社(4月)
山形大学 工学部 退学(7月)
1992年(平成4年)
ミクロンメタル株式会社 退職(4月)
陸前高田に戻り家業の漁業を継ぐ(4月)
2011年(平成23年)
東日本大震災で被災(3月)
米崎小学校体育館避難所の運営役員となる。(3月)
米崎小学校仮設住宅に入居、自治会長となる。(5月)
桜ライン311を任意団体として立ち上げる。副代表となる(10月)※桜ライン311は、平成24年5月に非営利活動法人(NPO)となり、平成26年5月に認定非営利活動法人となる。
2013年(平成25年)
陸前高田市仮設住宅連絡会を立ち上げる。副会長となる(4月)
2014年(平成26年)
防災士の免許を取得、防災士としての活動を始める。
役職
米崎小学校仮設住宅自治会長
陸前高田市消防団本部 副本部長
陸前高田市米崎町コミュニティー推進協議会 理事
元職
米崎小学校体育館避難所 運営役員
陸前高田市仮設住宅連絡会 副会長
認定特定非営利活動法人 桜ライン311 副代表